塾選びと方法

パソコンばかりをやらせている塾

塾選びは大切ですが、ポイントをわかっていないと入塾してから後悔することになります。そこで、塾選びのポイントを知っておきましょう。 まず、個別指導塾に多いのですが、パソコンばかりをやらせている塾もあります。これは、講師としては手間が省けるためパソコンをやらしておけば勉強になっているだろうと思ってあまり手をかけない場合があります。この場合、そのパソコンで学んだ結果がしっかりとデータに残っていてどこに問題があるかをわかっている場合であればいいのですが、単に時間つぶしでパソコンをやらせている場合には、ほとんど勉強になっていないことがあります。 また、パソコンにはゲームが付いているものがあり、それで遊んで授業が終わってしまうこともあり得ます。

ノート指導はそれほど大事ではない

東大生はノートの撮り方が違うということで、1冊の本が話題になったことがあります。これは、東大生の真似をすれば勉強ができるようになるに違いないと考えた塾が、ノート指導を強化して真似を指せているというところもあります。 ですが、ノートを真似したからといって成績が良くなるわけがありません。ノートを自分流に書くことを学び、自分で見た時にわかりやすいことに意味があるのであって、いくらきれいにノートを作ったとしても大して意味はないのです。 塾の中には1時間ずっとノート指導をしている塾もあります。そのノートを見ると保護者も「しっかり見てもらっているな」と思うはずです。しかし、ノート写しだけで1日が終わってしまい、ほとんど問題を解かせないのであれば、手段と目的が逆になってしまっています。その点は注意が必要です。

 

Site Menu

Design by Megapx  Template by sozai-dx.com
Copyright (C) 2015 学校は選べるし学力を上げることも出来る【誰でもステップスタディ】 All Rights Reserved.